おいしくて健康的は青森のりんごをお届けする工藤農園
工藤農園 〒036-8261 青森県弘前市茂森新町3-2-6 Ph. 0172-34-7821 / Fx. 0172-37-0144 Email. kudotakaz@yahoo.co.jp
トップページ | 工藤農園について | りんごについて | いま頃の工藤農園 | りんご販売 | ジュース販売 | アクセスマップ | リンク集 | 最近読んだ本

いま頃のりんご園

  • 工藤農園のいま頃
     当農園のアルバム全部を表示します。
  • いま頃のりんご園
     当農園のアルバムの中からりんごに関する生育状況や作業状況だけを表示します。
  • いま頃の畑
     当農園のアルバムの中からりんご以外の農産物などに関するものだけを表示します。
  • タカ日記
     当農園のアルバムの中から津軽ならではの楽しみやタカ個人の楽しみだけを表示します。
    (タカ日記はブログに移行しました。 新しい記事はブログをご覧ください
     ※旧ブログ

2017-06-06

いよいよりんごらしい形になってきました。
この時期は“摘果”といって、真ん中の大きくて形のいい実だけ残してあとはすべて摘み取る作業をしています。
全て手作業の仕事で、とても手間がかかりますが、今年の品質と来年もしっかり花が咲いてくれるようにする為にとても重要な作業です。

2017-05-12

我が家のりんご園ではいつもの年よりも3日ほど早くどの品種も満開を迎えています。

2017-04-28

今年のりんごの生態はいまのところ平年より3日ほど早めに進んでいます。
写真は“紅玉”、小さな蕾が確認できるようになりました。
これから実を結ぶまで、なにより霜が心配です。

2017-04-11

今年の青森県りんご研究センターの消雪日は4月6日と、平年の3月29日に比べ1週間ほど遅くなりました。我が家のりんご園もほぼ同じくらいです。
ふじの発芽は7日、芽吹いたあとは日増しに小さな葉が出てきますが、これから約40日はりんごの生育で一番寒さに弱い時期になるので、特に霜には注意が必要です。

2017-04-06

今年は平年より雪が消えるのが1週間ほど遅れています。
写真は、今年から新たに作ることになった園地ですが、思い切った改革が必要な樹がたくさんあります。
あと数年できっと元気で活力ある樹や園地にしたいと思っております。

2017-03-16

この時期、早朝は雪が堅くしまっているので抜かることもなく、歩き易いものです。
それにしても今年はまだ多くの雪が残っております。今朝で積雪50センチ以上です。

2016-08-01

平成28年8月1日早朝撮影の恋空です。
これから数日で色も熟度も一気に進みます。

2016-07-02

 こちらは“王林”

2016-07-02

 5月中旬から始めた1回目の摘果作業も6月下旬にようやく終わりました。そしてすぐに2回目の摘果作業に取り掛かります。これからは品質を見なが更に厳しく実を落としていきます。
 また、大きくなるにつれて品種それぞれの個性が出てきます。
 こちらは“シナノゴールド”

2016-06-06

摘果作業も1回目の荒摘果がようやく半分くらいまで進みました。
この頃になると、だいぶりんごらしい形になってきました。

2016-05-02

5月1日夕方、品種の中でも生育の早い“王林”の花が数輪咲きました。平年より5日ほど早いです。
今年の花は4月11日の雪の影響なのか、花弁の縁が変色しているものがありますが、問題はないでしょう。

2016-04-25

今年のりんごの生態はいまのところ平年より5日ほど早めに進んでいます。
写真は“ふじ”、小さな蕾が確認できるようになりました。
これから実を結ぶまで、なにより霜が心配です。

2016-03-29

今年の消雪日は3月9日と1933年から83年間の観測史上で平成元年の3月4日に次ぐ早い記録となりました。
いつもの年よりも一ヶ月ほど早いような我が家のりんご園風景です。

2016-02-28

朝のりんご園風景です。

今年は記録的に雪消えが進んでいます。
いつもの年のこの時期は60センチほどある積雪も今は10センチほどしかありません。
ある程度雪があったほうが剪定は進むものなのですが。
春が早すぎないことを願う今日この頃です。

2015-08-19

長野生まれの“シナノレッド”夏りんごのトップバッターです。
当園の今季最初のりんごです。

2015-08-03

写真は3日夕方の様子です。まだ青いですが例年お盆頃から徐々に色が入ってきます。熟度は1週間ほど早く進んでいます。

2015-08-03

青森生まれの“恋空”は夏りんごのトップバッターです。
写真は8月3日、葉摘みも終わって色づきを待ってます。

2015-07-02

写真は「千秋(せんしゅう)」という品種です。
おいしいりんごですが栽培が難しいのですっかり少なくなってしまいました。
この品種、今は赤いのですがこれからいったん緑色になり、9月中旬頃から また色づき始めます。

2015-05-29

この時期りんごは1日1ミリずつ大きくなっていまして文字通りすくすく成長しています。

2015-05-11

りんごは授粉後、しっかり授精するとガクの部分が立ちあがってきます。今年は晴れて乾燥している日が続いたのでしっかり授精したか心配でしたが、まずまずいい感じの樹勢状態の様です。

2015-04-27

この頃風が強い日が続いてますが、気温は高めに推移していますので、りんごの生態はどんどん進んでします。
写真は生態の早い“王林”の蕾。今年は平年より10日ほど進みが速いです。

2015-04-16

今年のりんごの生態はいまのところ平年より7〜10日ほど早めに進んでいます。
写真はピンポン玉ほどの大きさになる“アルプス乙女”という品種で、他の品種に比べて生態が早いので、小さな蕾が確認できるようになりました。

2015-03-22

3月22日朝の様子です。りんご園の積雪は30〜40センチ。
樹も水を吸い上げ始めてきまして、幹の周りの地面が見えてきました。

2014-07-14

 この頃になると、どんな品質のりんごになるのかはっきり判断できるようになります。

 一個一個品質を見極めながら選りすぐりのりんごを残すようにしています。

 また、品質が良くないりんごでも、それぞれの枝の樹勢をコントロールするためにあえて成らせておくということもしています。

2014-06-26

ひと回り目の摘果作業も、ようやく終えて少しホッとしてます。

この頃になると、りんごもだいぶ大きくなり、それらしい形になってきます。そして徐々に重さで下向きになってきます。

2014-05-28

今年は開花期間中、記録的に乾燥していたことと風が強かったので、結実しにくい条件でした。ですから我が家では全ての品種にしっかり人工授粉を行いましたらご覧の通り、実どまり具合は申し分ないほどです。

2014-05-07

今年は4月から記録的な好天に恵まれ、例年より2日ほど生育が進んでいます。

この時期は授粉用の花を摘み取ったり、確実に実を結ぶように専用の授粉機で交配したり、大忙しです。

一日中授粉すると、花粉で目がゴロゴロしたり鼻の中が大変になるからです。

2014-04-21

いま我が家のりんご園からは郷土の自慢、名峰岩木山が奇麗に見えます。

日に日に目に見えてりんごの生育は進んでいますが、霜がとても心配な時期です。

2014-04-02

当園の雪もあとほんの少しを残すのみとなりました。この様子だとあと2〜3日で消えそうです。

2013-08-27

 朝夕の気温も20度を切り始めたころからりんごにうっすらと色付きはじめました。

 こうなったら葉摘み開始です

2013-07-26

春の開花が例年より12日遅れと記録的な生育の遅れでしたが、なんとか肥大も平年近くまで回復してきています。

収穫は9月上旬からの予定です。

2013-07-09

 平年に比べて10日以上開花が遅れたことで、摘果作業も遅れておりましたが、ようやくひと回り目の摘果が終わって一安心。

 5月、6月は記録的に降水量が少なかったので、肥大も心配されましたが、7月に入って雨もあってホッと一息ついています。

2013-06-20

 花が散ってから凡そ3週間が経ちましたが、日増しにりんごらしい形になってきました。

 あと1週間もすると、りんごの重みでツルが上に果実が下になってきます。

 それに今年は生育が遅れた影響で、例年であればそろそろ中心果だけを残す摘果作業も一段落する頃なのですが、今年は生育の遅れ同様10日ほど遅れています。

2013-06-07

 今年は、記録的に生育は遅れていますが、結実具合はいずれの品種も近年にないくらい上々です。

 あとはできるだけ早く不要な実を摘み取って果実肥大を促してあげないと。

2013-05-28

 写真は5月28日の自宅裏の園地の“ふじ”の様子ですが、花も散り始め小さい実も見られるようになりました。今年は例年になく実どまりが良い感じなので摘果作業が大変そうです。

2013-05-21

 21日、ふじ満開です。

2013-05-19

 今年我が家では5月17日、生育の早い品種“王林”の花がようやく開花しました。これは平年より10日ほど遅く、大幅に生態が遅れています。うちの園地でもこの状態ですから山手の園地では更に一週間以上の遅れは確実です。

2013-05-08

 青森県の平年のふじ開花日は5月8日ですが、今年はご覧の通り蕾がようやく確認できる程度です。

 県りんご研究所の開花予想によると、今後気温が平年並みで推移した場合、平年より10日も遅い18日が予想日なそうです。

 記録的な生育の遅れとなりそうです。

2013-04-23

雪はすっかり消え、地面もようやく乾いてきました。

春ですね〜

2013-04-02

 うちでは剪定もいよいよ終盤ですが、山手の園地ではまだまだたくさんの雪があって剪定が大幅に遅れています。

 近頃は、母が黙々と切り落とした枝を集めてくれています。

2013-03-17

 例年であれば、樹の周りの土が見え始めるころですが、今年はまだ70センチと平年の2.5倍ほどの積雪があります。

 山間部に園地がある友人のところでは雪に埋もれていた樹がようやく姿を現し始めたとか。

 剪定真っ最中です。

2013-02-19

今年も雪が降り続き、山手の園地では雪害によってかなりの被害が出ている様子です。

うちでは被害を出さないように、随時りんご樹の雪下ろしをしていますが、いまはあまりの雪の多さにりんご樹が埋もれています。


2013-01-20

りんご園が雪に埋もれています。

只今の我が家のりんご園の積雪は140センチくらい。

このままだとりんごの樹が雪の重さで折れたりするので、連日のようにりんご樹雪下ろしをしています。

工藤農園の産直販売!




お支払い方法などはこちらをご覧ください。

オリジナルジュース販売中!

完熟りんごジュースとあっぷる・キャロットジュース

 毎日の健康管理に当園の「完熟りんごジュース」と「あっぷるキャロット」を是非お役立てください。 りんご・にんじんジュースの効果は「りんごについて」をご覧ください!
  • 1ケースに6本入り
  • 3,150円(税込、送料別)
  • 完熟りんごジュースとあっぷるキャロットの組み合わせも承ります。
ご注文はこちらから!

りんご育成グッズ

革工房よしだオリジナル りんご剪定・枝切用革グッズ

使い込むと色がいい具合に変わります 革工房よしだのこだわりの逸品です!脂分を染み込ませた本格派の牛革(多脂皮)です。 多脂皮は一般の牛革に比べて丈夫で長持ちです。また、よりも違うのは使い込んでくると、 左の写真のように趣のある色に変わってくることです。ベルト、鋸さや、ハサミケースを ご紹介しています!詳しくはこちらでどうぞ

りんごの薪(マキ)売ります!

薪としてだけじゃなく、ガーデニングの鉢や工芸にもご利用ください。 りクズはチップにして燻製に使うと、美味しい燻製ができるそうです。 この200リットル入るバケットに詰めるだけ詰め込んで2,000円です。 ご注文が殺到しています。ご注文ご予約はお早めに詳しくはこちらでどうぞ。