おいしくて健康的は青森のりんごをお届けする工藤農園
工藤農園 〒036-8261 青森県弘前市茂森新町3-2-6 Ph. 0172-34-7821 / Fx. 0172-37-0144 Email. kudotakaz@yahoo.co.jp
トップページ | 工藤農園について | りんごについて | いま頃の工藤農園 | りんご販売 | ジュース販売 | アクセスマップ | リンク集 | 最近読んだ本

2011年に読んだ本

「農業」という生き方 ど素人からの就農入門』(永峰英太郎著 アスキー新書)









中村天風の生きる手本』(宇野千代 中村天風述 三笠書房)









魂の冒険 答えはすべて自分の中にある』(高橋佳子著 三宝出版)









心のストレスが消える処方箋』(有田秀穂著 宝島社)









わが心の木内野球』(仁志敏久著 ベースボール・マガジン社)









なぜ、「これ」は健康にいいのか?』(小林弘幸著 サンマーク出版)









「欲ばり社会人」のススメ』(小嶋康詞著 三五館)









弱者の兵法』(野村克也著 アスペクト)









致知2011年10月号』(致知出版社)









無意識はいつも君に語りかける』(須藤元気著 マガジンハウス)









新・堕落論 我欲と天罰』(石原慎太郎著 新潮文庫)

氏曰く、日本への遺書としたとしていますが、原発や増税、拉致問題、核など言い難いことやマスコミや政治家がこぞって意味もなく保身のために騒ぎ立てたくなく材料に、ズバリはっきりモノ申す彼の腹の据わった姿勢はいまの多くの政治家には見られません。

時には過激ともいわれる氏の発言ですが、言葉尻だけをとらえる浅はかさは見直し、真にこの国のあり方を考えなければならないときですね。



致知2011年9月号』(致知出版社)

今回の特集は"生気湧出"








りんご一つにあと20円多く払えば東北の農業は復興する』((株)ナチュラルアート代表取締役 鈴木誠著)

タイトルに"りんご"の文字があったので読んでみました。前半部分は実に具体的にいまの東北農業の現状と課題が取り上げられていました。後半部分については、企業家ならではのお考えかなと思いました。

とにかく著者の言う通りりんごがあと一つ20円高く売れれば生産者の経営は格段に改善されるでしょう。ただ高く売れても消費者と生産者の間にあるJAや市場、スーパー、運送屋等の中間搾取が多すぎるのが問題なのです。

ですからタイトルはの頭に"農家に"を加えるといいんじゃないかなと思います。


脳からストレスを消す技術』(有田秀穂著 サンマーク出版)

ストレスって目に見えないですが恐いもので、身体にもいろいろと不調をきたす原因になるようです。

また、夫婦共働きが当たり前のようになっているので出産後早期職場復帰される方が多いようですが、脳的にみると3歳になるまでは母親と一緒にいたほうが子供のためにも母親のためにもいいようです。何気ないことがストレスになっていることに気づくこと、そしてその対処法が紹介されている一冊です。



致知2011年8月号』(致知出版社)

今回の特集は"リーダーの器量"安倍晋三氏と石原慎太郎氏、中條高氏の対談は日本人として改めて考えさせることが多い内容でした。また、東日本大震災の被災地にあって釜石の奇跡といわれた釜石市での津波に備えた日頃の教えは素晴らしかったです。






心を整える。』(長谷部誠著 幻冬舎)

サッカー日本代表のキャプテンを務めた長谷部選手の執筆本。決して目立つわけでもない長谷部選手が、個性的で自己主張の強い一流のスポーツ選手をまとめた心の持ち方と、自己管理力は勉強になりました。






日本改革宣言』(東国原英夫著 サプライズブック)

東国原氏の著書はどれも分かりやすく政治や国、地方が抱えている問題を教えてくれます。今後の活躍に改めて期待したくなる一冊でした。







野村の革命 最後の怪物壮絶野球人生。』(野村克也著 KKベストセラーズ)

最近野村監督の本をよく読んでいますが、改めて野球の深さを知ることはもちろん、野村再生工場とまで云われた氏の人材再生と起用のポイントがふんだんに盛り込まれた一冊です。桑田真澄氏との対談も良かったです。






光と影の法則』(心屋仁之助著 経済界)

ストレスに悩む人、またストレスそのものに気付かずなんだか体調がおかしいと思う人にぜひ気軽に読んでいただきたい一冊です。要は自分の心の持ち方が問題なのです。







致知 2011年6月号』(致知出版社)

今回の特集は"新生"。震災復興のための考え方心の持ち方などがいろいろと語られています。







考えない練習』(小池龍之介著 小学館)

知らぬ間に考えすぎることが多すぎるって人たちがたくさんいるんだと思います。この本に書かれていることがすべて実践できれば、著者のようにお坊さんレベルになってしまいますので出来ることから少しずつ試してみたいと思いました。






安売りしない会社はどこで努力しているか?』(村尾隆介著 大和書房)

相変わらず原価はいくら?生産者や製造者はきちんと儲けを出しているの?といいたくなるような商品が多いです。商品にはそれぞれ適正な価格があるはず。そんな思いで読んだ一冊です。






津軽百年食堂』(森沢明夫著 小学館)

地元弘前が舞台になった小説で映画化にもなりました。本の帯にもありましたが、読んだ後一週間は心がほかほかする一冊でした。

工藤農園の産直販売!




お支払い方法などはこちらをご覧ください。

オリジナルジュース販売中!

完熟りんごジュースとあっぷる・キャロットジュース

 毎日の健康管理に当園の「完熟りんごジュース」と「あっぷるキャロット」を是非お役立てください。 りんご・にんじんジュースの効果は「りんごについて」をご覧ください!
  • 1ケースに6本入り
  • 3,150円(税込、送料別)
  • 完熟りんごジュースとあっぷるキャロットの組み合わせも承ります。
ご注文はこちらから!

りんご育成グッズ

革工房よしだオリジナル りんご剪定・枝切用革グッズ

使い込むと色がいい具合に変わります 革工房よしだのこだわりの逸品です!脂分を染み込ませた本格派の牛革(多脂皮)です。 多脂皮は一般の牛革に比べて丈夫で長持ちです。また、よりも違うのは使い込んでくると、 左の写真のように趣のある色に変わってくることです。ベルト、鋸さや、ハサミケースを ご紹介しています!詳しくはこちらでどうぞ

りんごの薪(マキ)売ります!

薪としてだけじゃなく、ガーデニングの鉢や工芸にもご利用ください。 りクズはチップにして燻製に使うと、美味しい燻製ができるそうです。 この200リットル入るバケットに詰めるだけ詰め込んで2,000円です。 ご注文が殺到しています。ご注文ご予約はお早めに詳しくはこちらでどうぞ。