おいしくて健康的は青森のりんごをお届けする工藤農園
工藤農園 〒036-8261 青森県弘前市茂森新町3-2-6 Ph. 0172-34-7821 / Fx. 0172-37-0144 Email. kudotakaz@yahoo.co.jp
トップページ | 工藤農園について | りんごについて | いま頃の工藤農園 | りんご販売 | ジュース販売 | アクセスマップ | リンク集 | 最近読んだ本

剪定鋸用の柄ができるまで

材料と完成品

 りんご農家の中には、普段使っている道具にこだわっている人もいます。私もその一人なのですが、 中でも特にこだわっているのが、鋸の柄です。

 使う樹の種類や、使う部分によって色や木目、重さが違い、一本として同じものはありません。 それでは、弘前市原ヶ平の斎藤鋸店店主 斎藤知雄氏の協力を得まして、鋸の柄ができるまでの行程を紹介します。

貴重な素材の神代欅

 まず、鋸の柄に適した木を一枚板に製材し、樹が反り返らない(くるわない)ように最低でも3年以上、 できれば10年以上かけて自然乾燥させます。そうした一枚の板の中から、特に木目が良い部分を切り出します。 写真の樹は「神代欅(じんだいけやき)」といって樹齢数百年のけやきの樹が千年以上土に埋もれたもので、大変貴重で高価なものです。この板からは一本の柄しか取れません。

長方形に切り出したもの

 このように、木目や腐ってるところを除きながら柄となる部分を長方形に切り出します。写真の木は「かりん」です。

溝を掘った状態

 上の写真の板から、凡そ柄の形に切り出し、鋸をしまいこむ部分に、電動の丸鋸を使って溝を掘り込みます。 上は槐(えんじゅ)の9寸用、下は黒檀(こくたん)の1尺用の柄です。

金具を取り付ける

 今度は、サンドペーパーなどのヤスリで、角をとり、全体を滑らかに仕上げます。その後は、鋸と柄をつなげる金具を取り付けます。 上は「かりん」、下は「黒柿(くろがき)」です。

 私は更に、晒し(さらし)や手ぬぐいにクルミの実をくるんで、油が出るまで良く潰し、それで柄を磨いています。 そうすると益々木目の光沢が鮮やかに浮き出てきます。

鋸をつけて完成

 最後は手打ち鋸を取り付けて完成です。

柄の材質で印象もずいぶん変わります

 出来上がった柄です。左から「かりん」、「さくら」、「桑(くわ)」、「黒柿(くろがき)」、 「黒檀(こくたん)」、「槐(えんじゅ)」です。

 いずれの木も床の間や囲炉裏などに用いられる高級木材ばかりですが、 それを剪定用の鋸の柄に使う農家の道具に対するこだわりを伝えたいと思って紹介しました。 使い捨ての鋸が主流になりつつある昨今ですが、こうしたものを使い続けていきたいと思っています。 この鋸の柄や鋸に関する問い合わせはこちら。

目次に戻る

工藤農園の産直販売!




お支払い方法などはこちらをご覧ください。

オリジナルジュース販売中!

完熟りんごジュースとあっぷる・キャロットジュース

 毎日の健康管理に当園の「完熟りんごジュース」と「あっぷるキャロット」を是非お役立てください。 りんご・にんじんジュースの効果は「りんごについて」をご覧ください!
  • 1ケースに6本入り
  • 3,150円(税込、送料別)
  • 完熟りんごジュースとあっぷるキャロットの組み合わせも承ります。
ご注文はこちらから!

りんご育成グッズ

革工房よしだオリジナル りんご剪定・枝切用革グッズ

使い込むと色がいい具合に変わります 革工房よしだのこだわりの逸品です!脂分を染み込ませた本格派の牛革(多脂皮)です。 多脂皮は一般の牛革に比べて丈夫で長持ちです。また、よりも違うのは使い込んでくると、 左の写真のように趣のある色に変わってくることです。ベルト、鋸さや、ハサミケースを ご紹介しています!詳しくはこちらでどうぞ

りんごの薪(マキ)売ります!

薪としてだけじゃなく、ガーデニングの鉢や工芸にもご利用ください。 りクズはチップにして燻製に使うと、美味しい燻製ができるそうです。 この200リットル入るバケットに詰めるだけ詰め込んで2,000円です。 ご注文が殺到しています。ご注文ご予約はお早めに詳しくはこちらでどうぞ。