おいしくて健康的は青森のりんごをお届けする工藤農園
工藤農園 〒036-8261 青森県弘前市茂森新町3-2-6 Ph. 0172-34-7821 / Fx. 0172-37-0144 Email. kudotakaz@yahoo.co.jp
トップページ | 工藤農園について | りんごについて | いま頃の工藤農園 | りんご販売 | ジュース販売 | アクセスマップ | リンク集 | 最近読んだ本

なぜりんごの花不足がおきるのか

 りんごが本来持っている特性のひとつとして『隔年結果性(かくねんけっかせい)』があります。 これは文字のとおり成る年と成らない年とが交互にあるということです。 果樹の多くにこの特性があるのですが、みかんは特にこの特性が強く、 毎年の収穫量に大きな差がでる作物で、 その収穫量によってみかんだけでなくりんごなど他の果物の価挌に大きな影響を及ぼしています。

 りんごの場合はみかんほど生産量に差は出ませんがその理由としては 剪定摘果・摘花技術によるものと思われます。年によって花の咲く量、 すなわちりんごの成る量にムラがあるということはこうした技術面に問題があるといえます。

 りんごにはその樹齢や樹勢、品種によって適度な着果量というものがあります。 樹勢の強い樹や枝には樹勢コントロールのためにも幾分多めに成らせてもかまいませんが、 その逆の場合は着果量を少なくし、樹勢の回復を図ることが大切です。 ですが、人は欲なものですから沢山花が咲いた年はどうしても多く成らせすぎてしまいます。 そうすると翌年、花が少なく収量も低くなってしまいます。

 また、市場では大きいりんごほど高く売れることから生産者は大きい果実を作ることに一生懸命です。 そのために樹勢が強くなれば果実が大きくなると思って、枝の量を少なくする生産者も多いのですが、 私が思うにそれは完全に誤解です。大きい果実を作るためにはよく働く葉を出来るだけ 沢山着けてやることと、早く強い摘果・摘花が重要なのです。 そしてこのことが毎年安定した量の花芽を確保することにつながるのです。

 花不足を前年の気象の影響とする生産者も多いです。確かにそれもいくらかあると思いますが、 原因の多くは技術によるものと考えています。厳しいいい方になりますが花不足は人災。 結果には必ず原因があります。 謙虚に原因を究明してその問題を克服してこそ良いりんごを作ることが出来るのです。

目次に戻る

工藤農園の産直販売!




お支払い方法などはこちらをご覧ください。

オリジナルジュース販売中!

完熟りんごジュースとあっぷる・キャロットジュース

 毎日の健康管理に当園の「完熟りんごジュース」と「あっぷるキャロット」を是非お役立てください。 りんご・にんじんジュースの効果は「りんごについて」をご覧ください!
  • 1ケースに6本入り
  • 3,150円(税込、送料別)
  • 完熟りんごジュースとあっぷるキャロットの組み合わせも承ります。
ご注文はこちらから!

りんご育成グッズ

革工房よしだオリジナル りんご剪定・枝切用革グッズ

使い込むと色がいい具合に変わります 革工房よしだのこだわりの逸品です!脂分を染み込ませた本格派の牛革(多脂皮)です。 多脂皮は一般の牛革に比べて丈夫で長持ちです。また、よりも違うのは使い込んでくると、 左の写真のように趣のある色に変わってくることです。ベルト、鋸さや、ハサミケースを ご紹介しています!詳しくはこちらでどうぞ

りんごの薪(マキ)売ります!

薪としてだけじゃなく、ガーデニングの鉢や工芸にもご利用ください。 りクズはチップにして燻製に使うと、美味しい燻製ができるそうです。 この200リットル入るバケットに詰めるだけ詰め込んで2,000円です。 ご注文が殺到しています。ご注文ご予約はお早めに詳しくはこちらでどうぞ。