おいしくて健康的は青森のりんごをお届けする工藤農園
工藤農園 〒036-8261 青森県弘前市茂森新町3-2-6 Ph. 0172-34-7821 / Fx. 0172-37-0144 Email. kudotakaz@yahoo.co.jp
トップページ | 工藤農園について | りんごについて | いま頃の工藤農園 | りんご販売 | ジュース販売 | アクセスマップ | リンク集 | 最近読んだ本

青森の被害りんごを代表して 〜うちの雹被害りんごが産地の実情を伝える〜

7月10日、この日は、わたしが勤めている財団法人青森県りんご協会の主催で、 『凍霜害・雹害危機突破大会』を板柳町のりんご園で開催しました。

大会には県内各地から被害を受けた生産者のほかに、農林水産省、国会議員、県会議員、 市町村長をはじめ多くの関係機関など、およそ1,200人もの人が集まりました。

そして、お偉いさんたちに被害状況をひと目で伝えようと、各席に置いたのが、わが家の“雹害りんご”です。

この被害りんごは、前日の夕方、少しでも良いものを成らせようと、 例年通り行っている管理作業の際に摘果したものを、娘達が拾い集めたものです。

お偉いさんたちは、この被害りんごを手に取り、「こんなにも被害が大きいとは・・・」 「今日これなかった人にも見せたいので持っていってもいいですか」など、 しっかりとメッセージが伝わったようです。

知事は激励の挨拶の中で、このりんごを手にとり「このりんご、雹に当たってどれだけ痛かったことか・・・」 と言ってくれました。りんごの痛さが伝わったようで、ありがたかったです。

うちのりんごが、言葉は言いませんが、多くの被害農家や被害りんごの気持ちを無言で伝えてくれたはずです。

大きな傷が着いたことで、秋の収穫まで成ることができなかったりんごですが、 『さすがはわたしの育てたりんご、きっちりメッセージを伝えてくれた』と褒めてやりたい気持ちです。

大会最後は、みんなで災害にくじけないように“頑張ろう”三唱。 残した果実を、秋までしっかり管理することを誓いました。

わたしもこれくらいで絶対にくじけません!



目次に戻る

工藤農園の産直販売!




お支払い方法などはこちらをご覧ください。

オリジナルジュース販売中!

完熟りんごジュースとあっぷる・キャロットジュース

 毎日の健康管理に当園の「完熟りんごジュース」と「あっぷるキャロット」を是非お役立てください。 りんご・にんじんジュースの効果は「りんごについて」をご覧ください!
  • 1ケースに6本入り
  • 3,150円(税込、送料別)
  • 完熟りんごジュースとあっぷるキャロットの組み合わせも承ります。
ご注文はこちらから!

りんご育成グッズ

革工房よしだオリジナル りんご剪定・枝切用革グッズ

使い込むと色がいい具合に変わります 革工房よしだのこだわりの逸品です!脂分を染み込ませた本格派の牛革(多脂皮)です。 多脂皮は一般の牛革に比べて丈夫で長持ちです。また、よりも違うのは使い込んでくると、 左の写真のように趣のある色に変わってくることです。ベルト、鋸さや、ハサミケースを ご紹介しています!詳しくはこちらでどうぞ

りんごの薪(マキ)売ります!

薪としてだけじゃなく、ガーデニングの鉢や工芸にもご利用ください。 りクズはチップにして燻製に使うと、美味しい燻製ができるそうです。 この200リットル入るバケットに詰めるだけ詰め込んで2,000円です。 ご注文が殺到しています。ご注文ご予約はお早めに詳しくはこちらでどうぞ。